神奈川でマンション改修工事を請け負うことになりました

修行のような状態が数年間続いた

外壁塗装を行う会社 : 修行のような状態が数年間続いた : マンション改修工事

外壁部分は劣化をすると、カビなどが発生して黒ずんでしまうだけでなく、紫外線による攻撃でひび割れを起こすことになります。
それらをそのまま塗料で塗り隠そうとしても、中に異物や空気が混入しているので、塗料がひび割れをしたりはがれることになってしまいます。
仕事を教えてくれた先輩も、下地処理は特に気を抜くことができない部分だといっていました。
修行のような状態が数年間続いた後、ようやく一人前だと認められるようになりました。
そうしたら商業施設やマンション改修工事などにも加えてもらえるようになりました。
個人宅の場合は、塗り替えであることが多いので、特別な技術は必要ありません。
しかし商業施設の場合には、模様をつけたり、部分的に色を変えるなど複雑な作業になるので熟練した技術が必要になります。
同じようにマンションの場合にも、塗り替え部分がかなり広くなるので、均一に塗り上げることが欠かせません。
ローラーや吹き付け工法もありますが、うちの会社では手塗りを基本にしているので、均一に塗るスキルがなければやり直しになってしまうこともあります。